ご挨拶

私ども紀洋木材は、木材・建材を扱う会社として1953年(昭和28年)に大阪の地で産声を上げました。各方面の皆様からの「ご縁」に恵まれて扱い品目や扱い量を徐々に増やし、お陰様でここまで業容を拡大することができました。創業以来半世紀を優に経た今日におきましても、数多くの取引先の皆様に変わらぬご愛顧を賜っておりますことに対し、厚く御礼申し上げます。


私ども紀洋木材は、「木のぬくもりを通じて、夢と希望を持てる幸せな企業を目指す」という経営理念を掲げております。この理念の実現は自分たちだけで達成できるものではなく、お取引先の皆様からの信頼とご支援が欠かせません。皆様が「必要とされる商品を、必要な量だけ、必要な時に」、適正価格でお届けするという「ごく当たり前のこと」を、「ごく当たり前にやり続けること」こそが、お取引先の皆様の信頼とご支援をいただくための必須条件だと考えています。


我が国の木材業界は伝統産業の一翼を担ってきましたが、業界を取り巻く環境は近年急激な変化を遂げています。先行き不透明な状況がこれからも続くと思われますが、どのような環境下におかれてもお客様のご要望にしっかりお応えし社会に貢献できるよう、私ども紀洋木材は全社一丸となって努力していく所存でございます。


皆様の変わらぬご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

紀洋木材株式会社

代表取締役社長 桑原健郎

こちらもご覧ください

紀洋木材の経営理念や設立からの沿革などについて紹介しています。

弊社代表取締役社長

桑原健郎のインタビュー動画を制作しました。

仕事の内容や働く社員の様々な様子を感じてもらえば幸いです


読売テレビ  BEATに
出演させていただきました。

2019年

4月

23日

ラン&ウォーク&バーベキュー

今年の
ラン&ウォーク&バーベキューは、参加者は、なんと総勢74名でした!!

しっかり食べ!
しっかり飲む!

その前に、しっかり動く!
健康第一をコンセプトに毎年開いております!

ウォークは、昭和山から千歳大橋まで桜を見ながら歩いて、渡し船で帰ってきました!

ランチームは大正駅からドーム、天保山、なみはや大橋、千歳橋、めがね橋、そして渡し船乗ってお風呂屋さんに。

ランニング中は、春の訪れを感じることができ、各所で写真を撮りました!

その後、バーベキューで 楽しく語らいながら、
若手社員による、倉庫見学会!
子供向けのDIY教室など、盛りだくさんで過ごしました!

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!!

2019年

4月

01日

新年度!スタート

新年度が始まりました。

ご祈祷をしていただいたあと
経営発表会を開催しました。

紀洋木材の歴史を弊社代表から
聞きました。
そして、今年の紀洋木材の方針を聞き、来賓の皆様のお言葉をいただきました。

新しい年号【令和】の始まり

「希望や花咲かせる時代に」
心を寄せ合い、一致団結して

紀洋木材は、新しい年度をスタートさせます。

2019年

3月

15日

今年の弊社慰安旅行は

今年の弊社慰安旅行は
松山道後温泉に行きました。

福山八幡宮で安全祈願をして、しまなみ海道の瀬戸田にて昼食をいただき、松山城に行って、ホテルに着きました。

夜は、宴会で楽しみ

二日目は、

坂の上の雲ミュージアム、子規堂に行ってランチ。

マルブンさんにて美味しいスパゲッティとピザを頂きました。

たっぷり充電して帰ってまいりました。

はりきって、業務に取り組みます。

2019年

2月

22日

今年のスローガンは

今年のスローガンは
【ゆとりある気持ちが生みだす元気な職場】になりました。

さらに、業務別に分かれて課題も考えました。

2019年は、ゆとりある気持ちを持つための行動を
実践して元気な職場を創りだします。

今回は、藤木工務店の藤木社長に
木造住宅がどのように組み立てられるのか実習して頂きました。

木造住宅は、木が呼吸しているので
結露もなくカラダに良いと説明してくれました。

木造は、人間でいうと柔らかい関節のようなもので
地震があった時など揺れに対応できると教えていただきました。

いつも、木材をみなさまにお届けしていますが
その木材が、様々な用途で活用されます。

必要とされる商品を必要な量だけ、必要な時にお届けできるようにしていきます。

2019年

2月

07日

業績アップするには?

【業績アップするには?】
という勉強会をしました。

固定費、変動費について、どうすれば今より下げる事ができるか?各グループで話し合いました。

事務仕事では、ペーパーレスにする為に、仕事の仕方の見直し案や、改善点等多数でました。

その他にも、車輌経費、倉庫の在庫など、各部署からの提案が大変参考になりました。

これからも、いかに効率よく仕事をして、経費の見直しをし、業績アップに近づけていけるかみんなで考えていきたいと思います。